FC2ブログ

鳳来寺~鳳来寺山~トヨタ博物館

今年になって県外への脱出は、1月に京都の豊国廟に

行ったのみ。  さらに遠出らしきことは、昨年6月の

 〈岐阜~富山~福井〉 以来のことだ。

久々に足を延ばしてみたくなり、日帰り可能な圏内で

以前より行きたかった所へ。

それは、下記のように 石段数が国内で第3位の場所です。


     <石段ランキング>

1位 熊本県 釈迦院 3,333段 標高差620m

2位 山形県 出羽三山神社 2,446段 標高差270m

3位 愛知県 鳳来寺 1,425段 標高差237m

4位 香川県 金刀比羅宮 奥社 1,368段 標高差345m

5位 静岡県 久能山東照宮 本殿 1,159段 標高差148m


これで残すは、熊本県と山形県のみだ(遠いし当分ムリのよーな)


今回は鳳来寺とその上の鳳来寺山も登って来よーと。


鳳来寺  大宝2年(702年)に利修仙人が開山したと伝わる真言宗の寺院。

鳳来山東照宮  慶安4年(1651)年に3代将軍・家光によって建立され、
             日光東照宮・久能山東照宮とともに、日本三東照宮と
             称されています。




前置きはさておき3時に起床。ETCの深夜割引を利用したいが

ために、名神の栗東I・Cを午前4時前に入る。

新名神  伊勢湾岸道  新東名の新城I・Cで降り、向かうは

愛知県東部の 鳳来寺 へ。

【無料駐車場】
2019022606370000.jpg
6時30分頃到着。他の車は写っているこのワゴン車1台のみ・・・。
この少し上にある自然科学博物館は、残念ながら火曜日が休館日、
と看板が。
無料駐車場を6時45分にスタート。


【芭蕉像】
2019022606490000.jpg
登り口までの間に芭蕉の石像(この地を訪れたとのことで
体調不良のため仁王門で引き返したという

20190226.jpg



【道沿いには小さな旅館がいくつか立ち並ぶ】
2019022606510000.jpg
参拝者の駐車料金は500円、とあった(少し下には無料駐車場が
有るというのにねぇ)
宿泊して表参道から上る参拝者がそんなにいるのだろうか?


【いよいよ1425段の石段の始まり】
2019022606520000.jpg
無料駐車場からここまでは徒歩5,6分です。


【仁王門】
2019022606570000.jpg
国の重要文化財。


2019022606580000.jpg


【傘杉】
2019022607000000.jpg
樹高60m、樹齢800年と書いてある。


2019022607050000.jpg


【鳳来寺 本堂】
2019022607180000.jpg
駐車場から約半時間で着きました。時間が早くて閉まってます・・・。


【さらに上に行きます】
2019022607240001.jpg
こんな鉄製の手すりも付いてます。


【奥の院】
2019022607410000.jpg
朽ちるに任せてるよーで?


【眺め良く】
2019022607430000.jpg
ガラケー画像なので写り悪し・・・。


【鳳来寺山 山頂】
2019022607510000.jpg
684m。ここは眺望が利きまへん・・・。
無料駐車場の標高が約200mなので、実質500m弱ほど登ってきた。


【瑠璃山(695m)山頂直下】
2019022607570000.jpg
眺めの良い瑠璃山へ。と言っても鳳来寺山の山頂より
僅か5分ぐらいです。。。
(※ ものによっては、瑠璃山を鳳来寺山と書いてある場合もあり)


【瑠璃山より】
2019022607570001.jpg
スッキリ晴れていると南アルプスが望めるようだが、
霞んで見えませんでした。


【ここからは緩い下り基調の道となる】
2019022608340000.jpg
登ってきた道ではなく、時計回りに鳳来寺へ下ります。
尾根道の途中でイノシシ が掘り起こした新しい
土の痕がいくつもあり、嫌な気が・・・。



【鷹打場】
2019022608490000.jpg
ここまで誰ともすれ違わず。。。


【東照宮】
2019022609070000.jpg
東照宮の裏手に降りてきました。
鳳来寺山パークウェイという道路があって、その山頂駐車場より
ここまでは徒歩5分位で着くという。。。


【東照宮⑵】
2019022609120001.jpg
国の重要文化財。


【再び鳳来寺 本堂】
2019022609230001.jpg
くるっと回ってきて、再び鳳来寺の本堂前に。
朝は誰も居なかったが、今度は女性職員の方が
掃除とかをしていた。



下りの石段でやっと人にスレ違う。それでもたったの7人。

無料駐車場からの往復で 3時間20分の運動 でした。


【今回の歩き図】
23_houraijisan_root.gif


石段は最後になるほど踏面が狭くなってき、上り下りしづらい。

雨上がりの翌日は、手すりも無いので要注意かと。

それでも那智の滝の大門坂より人が極端に少なく

風情もあって良かった!



再び、新東名の新城I・Cに戻って、長久手市へ。



【トヨタ博物館】
2019022611400001.jpg
ここよりも<トヨタ産業技術記念館>のほーが見応えあるという。場所が
名古屋市内なので今回は避けてしまったが、機会あれば行ってみよう。
.

【トヨタ博物館⑵】
2019022612030000.jpg
初代エスティマ。これを初めて乗り回した(会社の車ですが)時は、タウン
エースWやハイエースWとは全く異なり感動したのを思い出してしまった。


【こんなのも買ったりして】
2019022711020000.jpg
80ページほどで1,800円もした。トヨタ車以外のものも
けっこうあった。


【今回の走行図】
走行図

帰りは高速代を浮かすために、名神の関ヶ原で降り国道へ。

413㎞のドライブでした。

痛めた腰は どーもなかったが、帰路の岐阜県に入った

辺りより運転中に少し痛くなってきた。まあ大したことなく安堵した。


【 運 動 内 容 】


 2月26日(火) 鳳来寺山
    
  約 7キロ 3時間20分



2月の走行距離/走行回数             18.1キロ/ 5回(平均 3.6キロ/回) 
その他  2月の運動    ウォーキング 約129.6キロ/15回(平均 8.6キロ/回)
                           (ウォーキングは鳳来寺山を含む)
スポンサーサイト

2019年の年賀状

住んでいる地域の元日の年賀状配達時間は

毎年11:00頃。

元日の夕方にもう一度ポストを覗いて見たら、追加で?

また年賀状が入っていた。そら、配達人不足となるはずやなぁ。



本年の年賀状も、またまたチョー簡素な賀状です。



<2019年の年賀状>

(以前はもうチョイ凝った年賀状やったのに)

空きスペースには、コチョコチョと一言添え書きを。


2019年年賀状



それでも、このよーな短い語句も、どこから何を引用しよーか、

とグズグズしているうちに年末になってしまい、やっとこさ年賀状書きに

取りかかった始末やった。。。


意味については、ネット検索してもらえれば簡単にヒットしますが、

誰もそこまでせーんやろし、簡単に文面の意味をば。(たいそーな・・・)



光壽無量 とは、

『阿弥陀仏の量り知れない光(智慧)といのち(慈悲)に

包まれて生かされています』
といった意となります。


攝取の心光 つねに照護したまふ とは、

正信偈の原文では、攝取心光常照護 (せっしゅしんこう

じょうしょうご)

『阿弥陀仏は念仏の衆生を攝め取って見放さず、

          その光明は常に私たちを照らし護ってくださる』


と、いう風に。



昨年、いちばん良かった風景を年賀状に取り入れました。

滝の写真 は、昨年6月に訪れた際にガラケーと

併用してデジカメでも同じ風景を撮っているのに、パソコンに取り込むのが

メンドーくさく このブログにアップしたガラケー画像を使用してます。

せっかく、写真用の72円年賀状を買ったちゅーのにねぇ。


この滝は今まで訪れた滝の中でもピカイチ
(観られる時期は、称名滝以外は季節限定となります)


【左から大鶴滝・称名滝・ハンノキ滝・ソーメン滝/拝借画像】
963b48a91.jpg

【同じような地点からのガラケー画像】
2018060212380000.jpg


滝へは駐車場から高さ約500mの岩壁が約2kmも続く 悪城の壁を右手に

眺めたりしながら 1.4キロほど歩いてゆく この適度な距離もイイ。


2018060212460000.jpg
(一般車両は通行不可の歩きやすい道でした)


道中より 日本一の落差350mとなる称名滝季節限定で

日本一となる
落差500mのハンノキ滝、その他にもソーメン滝や

大鶴滝・小鶴滝
という滝が望め、これらが一望できる光景は素晴らしかった。

ここの絶景地にはもう一度訪れたいものだ。

みなさんにも、雪融け水が多い5月中旬~7月中旬ぐらいの

訪問をお勧めします(セットで観られるから)

天気のイイ日にね。。。


なんか長々と綴ってまいましたが、能書きを垂れるほどの

年賀状ではないのにねぇ・・・。


【 運 動 内 容 】

  1月 2日(水) ウォーキング
      守山駅~自宅
 5.2キロ  約50分
夕方、長女一家を駅まで送りに行く奥サン車に便乗し、
駅前で降車す。 歩きだして暫くすると便意を催し・・・。
今朝は通じがなかったし、その上、朝昼と よーけ飲み食いした
ため、ウォーキングでの上下運動で胃腸に刺激が。

公衆トイレに立ち寄り、、、

こんなトイレは初めて見た。(このタイプはすでに普及し始めてるのかな?)

便器の長さが普通の和式便器の2倍ほどある。

こんな感じ(拝借画像です)

和式便器

水流がチョッと弱かったが、これは2人用なのか あるいは、

後ろの床に落としモンがないよーに、との配慮?か。 

正月早々スイマセン。


  1月 3日(木) ―
朝は飲んだが、昼は午後から鏡餅切りをするため飲まず。
押切での餠切りは腰にくるが、これも運動の一環?


  1月 4日(金) ―

今日はゆっくりしたいがために何も予定を入れず。
午前中は本堂の正月用の お飾りの片付け。 

運動らしきことは、午後から京都の豊国廟(ほうこくびょう/豊臣

秀吉の墓所)での階段ぐらい。

【豊国廟】
2019010413480000.jpg

石段数は約500段。

2019010413490000.jpg

奥サン同行だったので、ペース合わせてたら

大して運動にもならず・・・。

2019010414000000.jpg


帰りに大谷本廟(東山五条)へ墓参りしよーとしたが、

駐車場に入る車が順番待ちで並んでいてヤメた。。。

 
1月の走行距離/走行回数              0.0キロ/ 0回(平均 0.0キロ/回) 
その他  1月の運動     ウォーキング    5.2キロ/ 1回(平均 5.2キロ/回)

あービックリした

銀行へ行こーと自宅駐車場より車を発進させた

その時、10m程先に人が倒れてる

顔は見えないものの、どこの誰だか凡その見当はついた。

直ぐに車から降り駆け寄ると、鼻や口付近より血が出て

アスファルトにA4用紙大の大きさで血が広がっていた。

思ったとおり、ウチの前を杖を突いて時々歩いて通られる

同じ町内に住む80歳位の男性だった。


ワイ 「救急車を直ぐに呼ぶし~」

男性 「救急車は呼ばんでもええし~」 と、

弱弱しい声ながらも意識はある。

顔をアスファルトにつけたまま、そんなこと言われてもねぇ。。。


ちょうど外でブラブラしていたウチの母親を呼び、倒れた男性のもとに

行くよーに言い、自宅から119番に電話した。

場所の説明をし終わり再度外に出ると、お隣のお婆さんも

出てきていた。

救急車から見える場所まで出て待っていると、10分も

しないうちに救急車が到着。


午後、ウチから300mほど離れたその男性宅へ

置いておかれた杖と帽子を持って行くと、奥さんが出てきた。

てっきり入院かと思ってたが、先ほど病院から二人で

タクシーにて帰って来たとのこと。


夕方、果物を持って奥さんがお礼に来られた。

幸いに頭は打ってなく、そのかわりに歯が折れ鼻打撲とのこと。

あんな場面に出くわしたならば誰でも救急車を呼ぶし、

礼なんか不要なのに先ずは良かったこと。


でもねぇ、、、

轢き逃げ事故場面に出くわしたにもかかわらず、

それを横目で見て通り過ぎてゆく映像 を思い出してもた・・・。

               <吉澤ひとみ轢き逃げ映像>

この女子中学生ら?が、何事もないように横断歩道を

渡ってゆく姿は、日が経つにつれワイドショーの映像からは

カットされ始めた。。。



【 運 動 内 容 】


 10月18日(木) 超スロージョグ~ウォーキング
     川沿いの未舗装路と農道
2.5キロ 20分25秒(8'10”/k) 
2.5キロ ウォーキング
ゆっくり10キロ走ろーとしたが、右膝に軽い痛みが
出始めて途中でやめ、来た道を歩いて引き返す。
10/11の再開より8日間中、7日間走ったから
初心者に等しいので脚に疲れが出たのだろう。


 10月19日(金) ―
疲労回復のため休足。。。
 10月20日(土) ―
来客と次女・孫が来たため休足。。。


 10月21日(日) スロージョグ
     川沿いの未舗装路~湖岸~烏丸半島~
6.0キロ 44分57秒(7'29”/k) 
右シューズの爪先部分が擦りまくり。
明日はもうちょいマシに走れるかな?


 10月22日(月) スロージョグ
     川沿いの未舗装路~市民公園~農道
  4.7キロ 前半 (7'43”/k) 
  5.1キロ 後半 (6'47”/k) 
計 9.8キロ 1時間10分49秒(7'14”/k) 
昨晩、右膝にシップ貼って寝たので、昨日よりも右シューズの
擦る回数がマシ(それでも7,80歩に1回は擦るww)
ようやく、後半で脚運びが少しマシに。



10月の走行距離/走行回数            58.1キロ/ 9回(平均 6.4キロ/回) 
その他  10月の運動     ウォーキング  6.1キロ/ 3回(平均 2.0キロ/回)

ポンプが活躍

雨がよー降る・・・。

降水量は、昨日~現在まで(7/6 15時)の累計で210mm以上。

こんな天候がまだ続くとは。



普段は 枯れ池(大きさ的には 3m×1.5m×深さ0.3m位)の

書院前栽の所も、地中への自然浸透が追いつかず周囲の雨水も

ここに流れ込んでき溢れ出しそーに。


2018070608530000.jpg


この枯れ池から水が溢れ出すと、家の床下に流れ込んでくることになる。

(U字溝が枯れ池よりも高いため、排水処理ができない)

排水パイプを枯れ池から建物の基礎の下部分も掘って埋めると

(6~7mほど)排水できるが、そんなめんどくさいことより

ポンプ なら一発で排水できる。


2018070608590001.jpg


ものの10分足らずで排水完了

これを今日は今の時間まで2回スイッチオンした。

ま、コンセントに差し込むだけですが。


2018070609070000.jpg


こんなに降ったら、今晩か明日の朝にもう1回ぐらいポンプを

作動させやなあきませんね。


そうそう、火鉢池の排水装置(スポンジです )は、この雨でも

火鉢の水位は変わらずで、ちゃんと作動 している。

枯れ池も、こんな単純な物で排水できたらええな。

はよ、雨が止まんかいな。

有峰林道・称名滝・永平寺行き

ガソリン満タンはもとより、各オイル量の点検や、図書館で道路地図を

借り(カーナビより時には分かりやすい)、レーダー探知機の最新データ

更新(分からんからいつも愚息にやってもらってる)を前日までに済ます。


6月2日(土) 自宅を5時前 出発。

以下、ガラケー画像です(併用してデジカメでも撮ってますが…)


名神 栗東I・C ~ 東海北陸道 飛騨清見I・C ~ 一般道に。


飛騨市神岡町の道の駅(宙ドーム神岡)に着く前あたりより、

奥サンがクルマ酔いで「気持ち悪くなってきたし、

もっとゆっくり走って」
と、のたまう・・・。

高速を降りてからは幹線道路を通らずにカーブが連続する道を走ってきては

いるものの、『これからが本番やのに…』 と言い出しそーになり。。。



道の駅で休憩後、いよいよ林道高山大山線 (走りやすい2車線道路)をゆっくり目に走り、

2018060209240000.jpg

引き続き、1,900円の通行料を支払って有峰林道へ。



【有峰林道】
2018060210120000.jpg
週末にもかかわらず通行量はものすご少ないが、
前方に駐車中の車のように(見にくいけど)、富山ナンバーの
山菜採りの車が所々に路肩駐車している。



【有峰湖湖畔沿いにて】
2018060210230000.jpg



【有峰湖展望台より】
2018060210330000.jpg
ここまで来る間に[熊に注意]の立て看板がいくつもあった。



さて、有峰湖展望台から、路肩ブロックを突き破れば谷底に

真っ逆さまというよーな坂道を下って、一路立山町の称名滝へ

【拝借画像デス】
03c6acae5f11d34f25b182b55e107843.jpg
この画像では奥から手前に向かって下って走る。運転席からは
谷底は深くて見えんかった。それにしても頼りなく高さの無い路肩の
コンクリートブロック・・・。オートバイでミスったら完全に飛び出しますねぇ。



称名滝へ向かう途中から悪城の壁が望める。

【悪城の壁(あくしろ の かべ)/画像と説明文は拝借】
Dsc_0107_m.jpg
[古立山火山の噴出で形成された溶岩台地(弥陀ヶ原)を氷河と称名川の
浸食作用によって10万年の歳月を掛けて造られたと考えられています。
「悪城の壁」全体が、溶結凝灰岩で出来ており横方向2キロメートル・
高さ500メートル
もあります。一枚岩の大断崖としては日本一]




【もうすぐ称名滝に】
2018060211320000.jpg
車中から称名滝とハンノキ滝が見えてきた。



そして称名滝の無料駐車場に到着。

駐車場代も称名滝の見学料も要らないのがタイヘンイイ

ここより約1.4キロほどを歩いて称名滝へ向かいます。



【称名滝への道】
2018060212460000.jpg
この道は、一般車両や自転車は乗り入れ不可でアクセスは歩きのみ。
前方の滝は称名滝やハンノキ滝ではありません。



【道中で見た、埋め込まれたプレート】
2018060212410000.jpg



【悪城の壁】
2018060212300000_201806032137324ad.jpg



【近づいてキタ
2018060212470000.jpg




【真ん中は落差500mのハンノキ滝】
2018060212380000.jpg
称名滝の全容は まだ見えませんが、ハンノキ滝以外にも滝が。


暑い天候だったが、この滝の200mほど手前より滝からの
天然ミストで気持ちヨカッタ。


駐車場から約1.4キロをブラブラ25分程歩いて到着



【左は落差350m称名滝。右はハンノキ滝】
2018060212160000.jpg



【称名滝とハンノキ滝②】
2018060212240000_2018060321474103b.jpg
7月頃までしか見られないハンノキ滝。


称名滝とハンノキ滝以外にも、落差が大きい滝があと2本も
あるなんて、現地に足を運ばないと分からんもんですね。

あと、歩いているうちに、奥サンの車酔いも治ったみたいだ。。。



次に向かうは、射水市へ。



2018060214540001.jpg


【海王丸パーク】
2018060214570000.jpg
船内も見学した(有料)



【高岡市のホテルのツインルーム】
2018060307540001.jpg
部屋に備え付けのマッサージ器で運転疲れを。



夕食は高岡駅前で外食

以前、富山市や高岡市の郊外には出張で訪れたことがあったが、
高岡駅前は初めて。けっこう飲み屋多いな。いかがわしそーな店も。


6月2日の走行距離 407㎞(内、一般道は191㎞) 



6月3日(日)

高岡大仏や瑞龍寺はパスし、ホテル出発後は国道8号線を

金沢東まで走り、そこからは 福井北までは北陸自動車道を利用し、

初めて訪れる曹洞宗の本山である永平寺へ

【永平寺への参道】
2018060310560000.jpg

【永平寺の入り口】
2018060311000000.jpg
拝観料は二人で千円だった。

【ダルマ絵】
2018060311130000.jpg

すれ違う僧侶は、本願寺の僧侶とえらい違うなぁ。。。


昼食は参道にあるソバ店で。


福井I・Cから高速に乗り、早めの15時過ぎに帰着。


 
【走行図】
201806.png



 養老乃瀧へは何回も行ったことがあったが(居酒屋デス

 記憶にある滝を列記してみると、華厳の滝(日光市/過去2回行った)・

 竜頭の滝(日光市)・オシンコシンの滝(知床半島)・白糸の滝(静岡県

 富士宮市)・那智の滝 等、これまでに見た滝の中でも今回の滝は

 一番良かった (単に最新の記憶だからか

 それに、落差のある滝を4本も見られるとは思ってもいなかった。

 P.S 山道ドライブは やっぱ一人がええな。。。


<総費用>
宿泊費       12,800円(2名分/朝食付き 2名)
高速料金       7,780円(ETC料金)
有峰林道       1,900円(現金払い)
ガソリン代      9,771 円  701㎞(62.0L : 燃費11.3㎞/L)
                      [内、一般道は260㎞]
その他       約5,800 円
合 計     約 38,000 円(食事代や土産代の奥サン支払い分を除く) 

受賞には縁がないが受傷は多々あり

ラフォーレ琵琶湖  琵琶湖マリオットホテルとして

昨年新たに開業してから初めて足を踏み入れた。

懸念していたのは、ホテルHPで見た全館禁煙

いちおー、館内に喫煙ルームがあってホッとしたww



本日は琵琶湖マリオットホテルでの某氏の受章パーティーに出席。

2018032510100000.jpg


開式まで時間があったので、ホテル内にある自転車ショップの

ジャイアントストア をブラブラしたり喫煙ルームでダベったりして時間潰す。




某氏はウチの門徒さんでもないし、歳も二回り以上離れているが、

招待を受けたのは親しく喋らせてもらったりしてるためかな、と勝手に推測。


2018032512010000.jpg

受章パーティーの出席者は欠席者を除き221人とのことだが、見知らぬ人の中に

独りぼっちではなく、出席者の1/4程の人は見知った人らで気が楽やった。。。



第一部の式典では、開式の言葉の後に『国歌斉唱』 へぇ~。

その後、国会議員や市長やらの祝辞、和太鼓の演奏等で1時間半。

とくに実の娘さん(たしかピアノの先生)らによる和太鼓の

演奏では『こんな盛大に子供らに祝ってもらって幸せなお方や』なんて、

少しウルウル  

周囲は誰も目頭押さえている人はないが、ワイは鳴らしモンが

あると弱いのだ・・・。


第二部の祝宴は、ビールを注ぎに回ったりして意外と

時間が早く経った(飲んでますからねー)




帰宅後、メインの記念品はなんやろ と封を開ければ、

2018032516230000.jpg

画像左下の菊の御紋が付けてある電波時計であった。

その他にはクッキーや日本酒エトセトラ。

次の酒の席は3/28。 今度は19時始まりなので遅くなりそー・・・。




【 運 動 内 容 】


3月24日(土) 10キロ走
    ~湖岸~JA常盤支店~農道
10.3キロ 1時間17分41秒(7分33秒/k)
昨日の1時間走が響き足重。トロくても何とか10K走れた。
この倍以上の距離を走ったかのよーに疲れた・・・。

3月25日(日) 酔い覚ましのゆっくりウォーキング
    ~市民公園~
7.2キロ 歩き 1時間17分(5.6k/h)


3月の走行距離/走行回数              57.3キロ/9回(平均 6.3キロ/回) 
その他  3月の運動     ウォーキング  約46.0キロ/7回(平均 6.5キロ/回)
                             (八幡山ハイキングを含む)
                      自転車   58.97キロ/ 2回
                      長命寺 1回 ・ 八幡山1回 ・ 三上山1回

トレイルラン?で調子を確認

今年の遠出といえるものは、1月に行った

静岡県の久能山東照宮と航空自衛隊の浜松基地ぐらい。

家に籠っていると 気が滅入るので、久々にロング走??に出た。



6日(火)、ETC深夜割引を利用するため、午前4時前に栗東インターのゲート通過

名神 ⇒ 中央道の諏訪インターで降り、向かうはウン十年ぶりの

ビーナスラインへ

昨春、国道169号線で紀伊半島縦断した時は、ショックアブソーバーの

硬さ調整機能が付いてることをすっかり忘れていた。今回は4月に

ショックを含め足回りをひととおり交換したことやし、本格的に試してみることに。

諏訪インターを出たところで忘れんうちに、一番硬めにダイヤル合わす。。。



【女の神展望台】
2017060608320000.jpg
この展望台の標高は1,700mとあるが、気温11℃でも風もなく陽が照ってサブくない。
八ヶ岳、とくに赤岳は何回も登ったので(と、ゆーても3,4回)懐かしい。


【女の神展望台②】
20170606083700011.jpg
ガラケーでは判りにくいが、雲の切れ間に日本で二番目の
高さを誇る北岳や甲斐駒のピークがちょこっと顔を出してる。
もち、登ったことあります。今はムリかな・・・。



【女の神展望台③】
2017060608470000.jpg
後方には北アルプス(肉眼では目をこらすとどれが槍だか判る)



女の神展望台から少し車を走らせて女神湖へ。

【女神湖】
2017060608580000.jpg

【女神湖②】
2017060609010000.jpg
湖を半周回ったところでもパチリ。
バックに写る蓼科山も懐かし。。。


ビーナスラインを外れてからも走りやすくてグイグイかっ飛ばす。

2017060609140000.jpg
後方にはうっすらと浅間山。


立科町の市街地を通り抜け ~ 湯の丸高原 ~ 

2017060610330000.jpg
道中は、こんな風な風景。


三原から万座温泉へは万座ハイウェー(1,050円⇒通行料高すぎ)
2017060611100000.jpg
ハイウェー?でも40キロ速度制限です。。。


2017060611390000.jpg
万座温泉の入口付近。



万座温泉を通り抜けて志賀草津道路に出る。
【停車出来んので走りながら】
2017060611540000.jpg
志賀草津道路(国道292号線)の山頂付近は火山活動の影響のため
現在は駐停車が一切禁止・・・。(前方に監視員らしきパトロール車が停まっている)



【志賀草津道路(国道292号線)】
2017060612000000.jpg
ここまで走ってきて、ショックを4本交換したためカーブでの
ロールが小さくなりましたね。⇒ あくまで感覚デス。
【上と同じ場所が天気良ければこんな風に/人さまの画像を拝借】
564866a6.jpg



【日本国道最高地点/2,172m】
2017060612440001.jpg
ガスっていたけど、万座ハイウェーよりタダの国道292号線の方がずっとイイ。


【千曲川】
2017060613300000.jpg
クネクネ坂を下りても高速を使わずに地道をノンビリ走行。



一路長野県から新潟県の上越市へ。


【上越市の五智国分寺】
2017060614580000.jpg
親鸞聖人ゆかりの寺です(説明は長くなるでカット)

【上越市の五智国分寺➁】
2017060614570000.jpg

上越市に宿泊。残念ながら草津白根山の山頂付近はガスってスッキリ

見えなんだけど、あとは天候もよく信州の山々を よーけ満喫できて良かった。。。



7日(水)、昨晩寝る前にある予感が。

幽霊が出る予感

いえいえ、ベッドに入る前に椅子を引き寄せてベッド脇に。

案の定、夜中にドスン と下半身が落ちた・・・。

ヨカッタな、アタマや顔面を床で打たんよーに対策してて(セミダブルやったけど)。

むかし家で2回落ちて、それ以来は布団派やけどホテルでは初めて落ちた。。。


8時に出発。天気予報どおりの曇り空。

高速代を浮かすため上越市から国道8号線を走り、

朝日インターから北陸道に乗る。 

北陸道は空いているので、足回りのふらつき加減を確かめるため

飛ばしてみても大丈夫。

直進性は何の心配もないが、タイヤをルマン5に替えてからハンドルが

軽くなった(一般道でも)。とゆーことは、早くタイヤがスリ減る気がする・・・。

好みとしては、前のよーにもう少しハンドルが重いほーがイイ。

といって、クネクネ道を飛ばしてもグリップ力は今のほーがイイ。



山間部に入るころより雨が降ってきた・・・。五箇山や白川郷は昔

行ったことがあるのでパスし、東海北陸道の飛騨清見で降りる。

そこから高山方面に少し走り、せせらぎ街道 で足慣らし
        せせらぎ街道は下地図の  青線部分です。

無題2

2017060712230000.jpg

信号無しの2車線区間が50キロほど続き、カーブもゆるやかで

クルマよりもオートバイでのツーリングにもってこいの道。

皆さんバックミラーで直ぐに迫って来るのが分かり、路肩に停まるか

譲って先に行かせてくれる(交通量はものすご少ない)。スイマセンなぁ。


せせらぎ街道を終点の郡上八幡まで走り、そこからも山間部の国道256号

通り(郡上八幡側はセバイ)、高山市 ~ 自宅まではずっと地道で帰る。


2日間での走行距離 952キロの内、一般道は515キロで久々に

よー走ったな。。。

インパネ読みで、6/6は9時間、6/7は8時間30分の仕事並みの?

走行時間だった。

でも、長距離トラックの運転手に比べたらまったく大したことなし。。。

市街地はのんびり走っても疲れるもんだが、刺激のある山道は

やっぱしおもしろい。


 [走行図] 
無題

一人で動くのは気楽でええな。今回も行こ―と決めたのは前日だった。
そしてガソリン満タンにし、宿予約、図書館で道路地図を借りてきた。
カーナビは時にはヘンな道を案内することもあるし、帰路で岐阜市内の
混雑箇所を避ける時も地図のほうが見やすいので役立った。

ホンマは磐梯吾妻スカイラインを走ってみたかったが、費用面を考えてヤメた。
いずれ走ってみたいな。

 [総費用] 

 ガソリン代 10,881円(80.85L ・ 燃費 11.7キロ/L)
          
 高速代と有料道路 9,330円(ETC代を含む)

 宿泊代・その他 約 1万円

     合 計   約 3万円

 

日帰りドライブ(駿河の国の巻)

昨年の遠出と言えるところは、能登半島行きと紀伊半島縦断ぐらいで、

久々に気晴らしを兼ねて遠出することにした。


ETC深夜割引の30%引きを利用するため、午前3時半に自宅発。
 
栗東I・C ⇒ 新名神 ⇒ 東名阪道 ⇒ 伊勢湾岸道の豊明I・Cで降り、

(高速代を少しでも浮かす為) そこからは国道23号線バイパス ⇒

完全に全線開通してないため、途中の終点でヘンな方向に曲がってしまい

(5年前のカーナビ地図・・・)国道1号線に出てしまう。



朝の通勤混雑時間帯に出くわしながらも東に走らせ、

ようやく富士山が近くに見えるよーに。

【たぶん、安倍川の橋より】
2017011109580001.jpg



向かう先は、ちょっとでも運動もデケるところの久能山東照宮へ。


久能山前の国道150号線は、ず~っと昔 自転車で通ったことがあるが、

その時は素通りしたので訪れるのは今回初めて。

久能山東照宮は、徳川家康が埋葬されたところ。

その後、遺骸を日光東照宮へ移したとされるが、真偽のほどは分からない。

毛髪だけ日光へ持っていったかも知れないし、発掘は行われようがないので

真実は分からぬまま。


注釈はさて置き、出発から6時間半後の10時過ぎにやっと久能山の駐車場に着いた。


【国道沿いの無人駐車場】
2017011110150000.jpg
前日に久能山の駐車場は調べておいたので、国道沿いの権現駐車場というところに駐車。
あとから来たこの男性も200円の駐車料金を小さな箱に。


【国道沿いからの久能山】
2017011110170000.jpg

駐車した場所から歩くこと2分位で、ネットでは悪評の駐車場(国道から入って直ぐの所)

呼び込み2人の男女の前を通ると、見てる間に2台が誘導されていた・・・。

駐車料金掲示の看板も無く、そこは1,000円らしい。

そこを行き過ぎると、直ぐ近くに500円の駐車料金の所があり、

誰しも歯ぎしりするよーだ。

観光地の印象を悪くするので、料金は統一すればええのに。


で、駐車場所から歩いて3分ほどで鳥居の所に着いた。
2017011110200000.jpg

トイレはこの鳥居をくぐり抜け、直ぐのところにあった。

【つづら折れの ゆるやかな石段が続く】
2017011110250000.jpg

1159段 あるそーな。



2017011110350000.jpg
ここから先は500円の拝観料が要る。


【国宝の社殿】
2017011110400000.jpg

『江戸時代には20年に一度、明治時代以降では50年に一度、社殿を始めとした
諸建造物の漆塗り替えが行われており、近年では2006年(平成18年)に社殿の
塗り替えが完了した(ウィキペディアより)』


道理で色鮮やかなはずや。

2017011110420000.jpg

2017011110430000.jpg

【家康の墓所】
2017011110450000.jpg
鳥居のところからサッサか歩いて11分半で墓所に到着した。
(拝観時間や写真撮り時間を除く/めんどくさいが時計のストップボタンを
活用しているので正確デス) ちなみに下りは12分半だった。

【赤線の所が駐車場所】
2017011110550000_2017011212345289c.jpg


運動としては大したことなかったので、1泊2日コースで

愛知県の鳳来寺も加えたほーが良かったか?。。。

【伊豆半島方面を望む】
2017011110550001.jpg


昼食はコンビニおにぎりで済ませ、次の浜松へと急ぐ。

国道1号線バイパスは、途中で大型トラックが故障のため立往生しており渋滞も

あったが、2時間半以上はかかると予想していたものの久能山~浜松基地まで

地道で86キロを2時間で着く。



航空自衛隊の浜松基地へ。

          

  [ エアーパーク ] 

入館料はタダです


2017011113380001.jpg

浜松は、先ほどの久能山の春先のよーな陽気?とは打って変わり、

風強くサブい。

それでも、いきなり館内に入らず滑走路脇のフェンスの所へ。

【滑走直前/バックには富士山が見える】
無題2
タイミング良く、2機一組が並んで同時に離陸する様子が

2,3分間隔で3回も見られたりしてラッキー


2017011113460000.jpg
画像は上に貼り付けた[エアーパーク]のHPに よーけ出てくるので、これ以外の写真は省略。
2017011113560000.jpg

その後、国道1号線の浜名湖の西にある潮見坂 道の駅で定番のウナギパイと

アジの開きを買い、23号線バイパスをまたまた途中から間違いながらも走り、

混雑した地道に疲れてきたので音羽蒲郡I・C ⇒ 栗東I・C まで

高速に乗って19時過ぎに帰宅。

次は国道1号線で東京まで走破か? ウソです、高速道路はやっぱ楽でした。。。

無題

走行距離 : 616キロ(内、高速道路 273キロ)
走行時間 : 約12時間
燃費 : 13.0キロ/L(道中では無給油。着く直前に地元で給油)

けっこうトロトロ運転も多かったが、予想以上に燃費が良かった。計算上では
満タン(70L)でハイブリット車並み
の900キロ走れることに。

プロフィール

軟弱のリュウ

Author:軟弱のリュウ
若かりし頃、自転車(ランドナー)
で日本一周、その後山登りを趣味
としていたが、最後の山行となって
しまった伯耆大山では、余りの積雪
量と強風で敗退した後は、20代
後半で運動をパタッとヤメた。

それからは、仕事一筋となり?ブク
ブク太りに。

「これじゃアカン」とウォーキング
をば。
けども、歩くのにも嫌気がさし
50歳前にして いざ走ってみれば、
まったく走れず…。
が、次第に距離を踏めるように
なってき、フルマラソンでのサブ4
達成勝算は17勝6敗。

ところが、右膝に不調をきたす。
これからは、気の向くままに身体を
動かしつつ、何やかんやと綴る
6●歳のブログ。

〔滋賀県在住〕


【自己ベスト】
ハーフM
1時間37分(グロスタイム)
2010年12月 守山ハーフM

フルM
3時間36分(ネットタイム)
2011年3月 篠山マラソン

【ワースト記録】
ハーフM
1時間59分(グロスタイム)
2012年 5月 鯖江つつじM

フルM
4時間56分(グロスタイム)
2015年 4月 長野マラソン

【今までの参加レース】
ハーフマラソン
守山       6回
マキノ健康栗  2回
鯖江つつじ   2回
わかさあじさい 2回
坂井市古城   1回
越前大野名水 1回
びわ湖レイクサイド1回 

フルマラソン
篠山ABC    6回
福知山      4回
加古川     3回
長野        3回
九頭龍     2回
とくしま      2回
マラソンに
挑戦する会   1回
加賀温泉郷   1回
防府読売    1回

その他 野洲川健康、
花はす早朝マラソン等


【出場・予定レース】
 

2019年
3月 とくしまM(DNS)
    
   
FC2 Blog Ranking

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード