土壁の補修

10月には本堂の屋根瓦葺き替え工事等も終わり、この先数十年は

大丈夫だろうが、中は以前の古いままの箇所が多くある。

それゆえ、参詣者の方々には分からない箇所ではあるが、土壁に

穴があいたりしているので塞ぐことにする(すべては到底無理なので一部だけ)


最初に こんなものを作った。(以下、画像はガラケーなので写り悪い)
2016120511260000.jpg
とくに高いところに塗る時は、これを受け皿のよーに壁に当てがいながら
作業をしないと下にボロボロと落ちる。。。


次に屋根に上って、土壁の上の部分に外側から板を打ち付けた。
(そーしないといくら詰めても外側にこぼれるだけやし・・・)
2016120509560001.jpg


1袋1,600円ぐらいやった。初めて使う物なので少量で試してみるが
水を加え過ぎた。
2016120309350000.jpg
そんなことよりも、色を勘違いして購入してしまった


小さな穴と隙間ができた部分で試してみる。
2016120309250000.jpg

2016120309260000.jpg

水を入れたスプレーで先に土壁を濡らしておいた。
2016120309410000.jpg

出来上がり。
2016120509440001.jpg
全体的にまだ乾いてません。



以前から気になっていた箇所を。
2016120310000000_2016120516151307e.jpg
矢印のところは隙間が広がり外の光が。
その上の部分には(写ってないが)さらに空間が広がって・・・。


下地の竹組が見えてる。
2016120310000001.jpg


色が違うが乾けばもうちょいマシになる?
お参りの方は通らない場所だし、それに薄暗いので誰も気にかけないはず。
2016120509490000.jpg


で、先に外側から板を打ち付けた所の内側に
ゴム手をはめて直接手で詰めこんでゆく。
3メーターぐらいの高さのところなので落ちぬよう慎重に作業。。。
2016120509480000.jpg
詰めてコテで仕上げる以前には、5センチ位の隙間があって外の光が
差し込んでいた(ビフォア―の画像は無し)


あと、こんな所やあんな所とアチコチに塗る。
2016120510030001.jpg

2016120509400000.jpg
ここも3メーターぐらいの高さがあるところだが、けっこうおもしろい


本堂内ではないが砂壁?のところがあって、そこの壁は触れるとポロポロ落ち、

以前に木工用のボンドを水で薄めてスプレーしたことがあった。

今度はそこを塗ってみたいが、壁一面となると素人仕事と直ぐに分かるやろけど

塗ってみるかな? 気が向けば。。。


【 運 動 内 容 】


11月29日(火) ―
11月30日(水) ウォーキング
       烏丸半島コース
10.4キロ 1時間46分(AV 5.9k/h)
普通の歩く速度よりもちょいと速いペースぐらいで。
11月最終日ということもあり、10キロを超えて歩くよーにした。

無題3

11月の走行距離/走行回数             0キロ/ 0回 
その他 11月の運動   ウォーキング  58.7キロ/ 7回 (平均  8.4キロ/回)
                  自 転 車  136.53キロ/ 4回 (平均 34.1キロ/回)
                  三上山行き          / 1回


12月 1日(木) ―
12月 2日(金) ―
12月 3日(土) ―
12月 4日(日) ―

12月の走行距離/走行回数             0キロ/ 0回 
その他 12月の運動    ウォーキング  キロ/ 回
                  自 転 車 キロ/ 回 

                 
体重  11/29  68.40㎏。 
     11/30  68.15㎏。

     12/ 3  68.00㎏。
     12/ 4  68.75㎏。
スポンサーサイト

これからは快適生活??

昨日、一昨日はサブかった。

それでトイレの暖房便座機能を使おーとコンセントにコードを差し込み、

スイッチを入れようとしたがダイヤル式のスイッチ(赤丸のところ)が

回らない。


2016111114110001.jpg


なので、ダイヤルを取り外してコチャコチャやり、力を加えて

回したらスイッチが入った。

ところがゼンゼン温とーならん・・・。

なんせ大分古い便座やし、もう寿命なんやろ(ウォシュレットではありません)



しゃーない、新しいのを買おーと昨晩は ネットサーフィン

そこで、、、

☆ ウォシュレットには貯湯式と瞬間式があるのを初めて知った。。。

☆ 操作ボタンが壁についているタイプはリモコン式なんやね、
  てっきり配線でつながっているのかと(否、そこまでは考えたこともなかったが)


てな事を知った。。。


商品のコメント欄をみていると、TOSHI●●製は保証期間が過ぎた頃から

壊れる箇所が出てくる云々、パナ●●ック製は付属金具が合わない場合も

あるとか?(別売り部品が必要??)、、、

今の便器もTOTOなので同じメーカーがエエかもと。

そして、現物を確認してから購入したいので家電店へ

で、本日 TOTO製のお安いタイプを購入。



数ヶ月前に今の便座を取り外して掃除したこともあるので、

取り外しはカンタンなこと。

説明書を読みながら取り付けに要した時間は1時間弱。

次からは15分でデケる、て次はないか


【取り付け完了】
2016111115260001.jpg

2016111115520000.jpg


でもあまり新鮮味はない。

外の参拝者用のトイレは和式だが、

【参拝者用トイレ】
2016111116100000.jpg


もう一つの家の中のトイレにも安いウォシュレットが付いているので、

それに比べて脱臭機能とマッサージ機能 ぐらいが新たに付いているだけ。

マッサージ機能、どんなんやろ? と説明書をみれば単に水の強弱かww
             (まだ試してない)

(細かい点を書けば、10日間ほどかかって節電パターンを勝手に見い出す ⇒

トイレにあまり入らない時間を 記憶する機能とか・・・安価なタイプでも色々付いてるもんだ)



【もう一つのトイレ】
2016111116000002.jpg
ここはちょっと離れていて、客間用なので普段はあまり使いません。
(こっちは最初から便器にウォシュレット付きで取り付けてもらったと思う)


ブログのカテゴリーを[DIY]にしたが、DIYとゆーほどのことでもなかった。

それはそーと、どーも洋式トイレで立ち●ョンするのはチョイと気を遣うので

小便器も兼ねたもっと機能的デザインの洋式トイレが出来たら大ヒット間違いなし、かと。

排水溝(最終章)

2010年2月から始めたブログ、もうすぐ1000記事やなぁ、

なんてこの前思っていたが、気がつけばそれを超えてしまい

今回で1,003本目のブログ記事 パチパチパチ、


電卓を叩けば、2.4日で1記事の書きも書いたり具合で よーやるわ。

今までのコメント数も4298件と表示されているので、その半分は

返信としても、皆さまより約2150件以上のコメントを頂いたことになり

ありがとうございます



さて、たった1本排水溝を作っただけのことやのに 4回シリーズとなって

しまった排水溝記事、いくらなんでもこれが最後にします。


昨日10/30(日)は、組内寺院の報恩講の晨朝出勤で朝食を

よばれてから8時半過ぎに帰宅。

一服後に、さっそく型枠を外しに取りかかる。

そんなに型枠はコンクリートにめり込んではいないものの、固まって

硬くなり半時間近くもかかって取り外す。


【型枠を取り外した】
2016103010130000.jpg
型枠の跡がくぼんでいるので、次はここにセメントを詰めます。
2016103010130001.jpg


午前中の作業に引き続き午後からもセメント詰めと石垣の下部分の

浸水処理や目地にセメント詰め。

最後に少しだけ土を埋め戻して いちおー終了。

2016103108460001.jpg
犬走りのコンクリートは人も歩かないけど、建物の土台を補強するため
鉄筋が入ってある厚いコンクリートとなっている。
それに較べ、溝のほーはヤワヤワ? 
2016103108440000.jpg

2016103108430000.jpg



【6月7日時点での写真】
2016060709540000.jpg
トタン壁がサビサビ。壁張り替えの時、このトタンを
めくると下地が現れるもんや、とみんな思っていたら焼き板(焼杉板)が・・・。
焼き板の上にトタンと2重に張ってあった。


【1ヶ月前の写真】
2016100215200000.jpg
床下換気口から奥の基礎石の下が浮いていたので、4台のジャッキで建物を
持ち上げて(不在だったので後から写真で見た)基礎石の下にコンクリート詰めで
水平にしてもらった後の写真。 
まだ犬走りの石垣の一部がデコボコになってます。


【1ヶ月前と同アングルで】
2016103108460000.jpg

よーやく溝が完成

あとは樋からの雨水を今回作った溝に落とすよ―にし、掘った土が

まだ小道にあるのでそれを取り除き均して お終いです。

ブログ書くのと同様、無報酬ながらww よ-やった、と自画自賛。。。

コンクリート打ちがやっと終わった

10/26 に胴縁を利用して作った型枠を備え付けた。

2016102708170001.jpg

こーゆー場合は底と縦を分けて打つのかもしれないが、同時に凹型に
流し込むよーにする ⇒ 型枠を外した後、底の両サイドを補修します。

2016102708170000.jpg



10/27 は、午前・午後合わせて6時間コンクリート打ちに

費やしチョッと疲れ、昨晩は21時半に就寝。。。


セメントを何回も練るのは腰にくるが、コテで隙間ができないよう

突っつきながら押し込んでいきます。

2016102810460000.jpg

最初は、モルタル(セメント+砂)部分と、コンクリート(セメント+砂+砂利)部分を

分けよ―としてたが(小道に面した足で踏むであろう部分はコンクリートでと)、

めんどくさいので全てコンクリート打ち。

2016102716140000.jpg

コンクリートを練っている最中にガスの集金屋さんが来て

「いつも作業してはりますね」と。。。

ほんな事はないやろ、それにアンタ来るのは月に1回のことやし。


2016102810480000.jpg

溝の深さが浅いのでジャジャ降りなら絶対に溢れる。
が、べつにかまわない。今までどおり小道に流れるだけ。。。



この溝からの排水は、このまえ埋めたパイプから本堂裏と神社の間の溝へ。
2016102810470000.jpg
それにしてもパイプの上の部分は瓦やレンガなどの廃棄物がいっぱい・・・ウチが
捨てたのではない。あとで溝掘りで余った土を上にかぶせることにしよう。。。


この排水パイプの先はこんな具合。
2016102811130000.jpg
昔、ここは川やったとのこと(今も川と繋がってます)


大雑把なコンクリート打ちやったが、2,3日後に型枠を外した後

もう一度補修します。

数え切れんぐらいの立ったりしゃがんだりの動作で少し膝が痛んだのと、

作業場所が神社に面していてヤブ蚊に何か所も刺されながらも(まだこの季節

でも神社側には蚊が)、これでコンクリート打ちが終わったのでヤレヤレ。

総工費は7千円強でした(4M排水パイプ・U字溝1本と蓋・胴縁10本)
(セメントや砂は手持ちの物を利用)

排水溝工事中

びわ湖岸で採ってきたホテイアオイ、最初はプランター池だけに

浮かべていたが次々と増えていくので今は4ヶ所に分散している。


【プランター池のホテイアオイ】
2016102411430001.jpg

水から取り出して、真夏ならば1日中陽当たり場所に置いてくと直ぐに

枯れてしまうが、繁殖力が有り過ぎて不用意に川なんかには捨てられないな。


【鉢植えのホテイアオイ】
2016102411430000.jpg

今頃の季節になって花が咲いた。

他にも、もう一ヶ所土に植えているホテイアオイがある(越冬するとゆーので)



【手水鉢】
2016102411420000.jpg

ホテイアオイの他に名を知らぬ水草と、流木に巻き付けたウィローモス

(手水鉢に入らないので横にわたしている) ショップで買えば

小さなプリンカップぐらいの大きさ容器で300円。

さらに、これぐらいの長さのウィローモス付着の流木やと、

こーたら3,000円はすると思う。だもんで増えても捨てるのがモッタイナイ

ただウィローモスは水槽内とは異なり流木の下の部分だけが手水鉢の

水に浸ってるので、水面に出ている部分は苔のよーになったよーな感じに。



さて、ちょびちょびとやっている排水溝工事、

昨日も午後から3時間ほど作業しただけなので まだこんな進み具合・・・。

【昨日の作業終了時点まで】
2016102509160001.jpg


2016102509160002.jpg

樋からの雨が掘った所に入り込まぬよーに一時的に樋をグィッと

曲げて長さを継ぎ足した。


溝の仕上げ断面図を書くと こんな単純な感じ。書くのは簡単やが、

9メートル程の長さがあって砂がよーけ要りそーでセメント練るのが

一番メンドーだ。

2016102418570000.jpg



今日は、掘った溝の深さと幅を整えた。

小雨が降り出してきたので1時間ほどで終了。

樋からの雨水が上手いこと小道に流れ出した。

(出来上がり後は、樋の雨水を直接この溝に流します)

あとは、型枠を置いてセメントを打つだけ。。。。

【本日の作業】
2016102510180000.jpg

U字溝設置するほーが容易いが、何よりも全体的に今よりも

深く掘らなあかんし これは最初に考えた段階で止めた。

排水工事着工

気があまり進まなかったけど手をつけてしまった・・・。

先ずは穴掘りから。

瓦や空き瓶などのガラがいっぱい埋まっており、掘るのに難儀した。



今までは樋から流れ出る雨水は小道に垂れ流し状態だったのを、

基礎石の補強等をしてもらったので どーせなら排水溝を新たにつけて

本堂裏側の川に排水しよーと。

【排水溝の設置予定場所】 
2016101914520001 - コピー
犬走りの下の箇所~本堂の裏側まで(赤の点線部分)
(犬走りの下には溝をつけ、本堂の裏側はパイプを埋めます)


穴を掘り終え、ホームセンターに4mパイプとU字溝を買いに走った。

一般パイプより耐圧であるため、4mで3,800円程もした。

もちろん、4mもの長さのパイプはマイカーには積めないので

ホームセンターの無料貸し出しの軽トラック  を借りた。

マイカーをホームセンターに駐車し、2往復することはメンドーやし、

フトコロ潤っていればセカンドカー として軽トラック欲しいなぁ。。。


【昨日の作業】  
2016102216030000.jpg
浅く見えるが、『へ』の字状の小山のよーにガラが捨てられていたので

深い所では60センチほど掘った。

透明ホースで水平レベルを出し、そこから約2%弱の勾配をつけた(U字溝を

含めて4.6mの長さで8センチの勾配)


【昨日の作業/反対側から】
2016102216030001.jpg


今日も午前中のお参り後、午後から3時間ほどやったが、

あまり作業が進んでない・・・(今日は写真を撮ってません)

ま、ボチボチとやってこ~。

やっぱりプロはプロだ

時おり考えていたが、グッドアイデアは出なかった。

訪ねて来た門徒総代さんにもののついでに訊いてみたが、黙ったきりだった。

その難問 とは、天水鉢の溝のセメント打ち

アホらしー、なーんや そんなことかいなぁ。

その工法を突然閃いた 



天水鉢の下の溝が地盤沈下だろうとは思うが勾配が昔から逆に

なっており、排水口の反対側のほーが2.5センチほど低くなっている。

モルタルを打つことは何十回もしているが、天水鉢(90センチ四方)の

底の空間の奥までコテが上手く届きそーにない。


【天水鉢】
2016101914510000.jpg
排水口の反対側に水が溜まる。

2016101914520000.jpg
赤丸が排水口。水が溜まる以外に、屋根からのホコリもここに泥となって溜まってくる。


見にくく手が届かない箇所を傾斜つけて均すよーな技量もないので、

事前にこんなモンを作りこれを天水鉢の下に入れたってわけ。 傾斜をつけた

50センチ四方ぐらいのセメント板。

2016102009420000.jpg


ところが、このセメント塊を作った後に、

レベラー (セルフレベリング材) とゆーものを初めて知った・・・。

水のよーに低い方に流れていき、水平になって固まるという代物。





レベラーがホームセンターで売っていたので値を見れば、1袋当り1,500円弱だった(3袋は必要)

でも傾斜がつけられないし、これをかき回す電動のかくはん機も持ってない・・・。

購入却下。。。ま、セメント練るのは えらいけど安上がりってことで。。。



昨日、本堂東側の犬走りのコンクリート打ちに左官職人さんが来た。

最初は基礎石に強度を持たすため、石垣を覆ってコンクリートを  ̄I  のよーに

打とーか、と言われたが、ワイは石垣が見えるよーに打って欲しいと。。。 


2016101914520001.jpg
仕上げの押さえはハケに水を含ませ、それをペッペッと押さえる箇所を
少し濡らしながらするのか。参考になった。


職人さんには見えないタイプ  の人やったが、

訊くと色々丁寧にアドバイスをしてくれた。

すり鉢状に均すのは難しいので云々とか、とどのつまりは、木材で均し

長めの大きいコテなら手が奥まで届く、と実演。 ⇒ まあ、プロなら上手い

こと出来るやろけど・・・。


さて、本日いよいよ着工。

【2/3ほど出来た状態】
2016102011540000.jpg


【出来上がり】
2016102015180000.jpg
セメントを1袋強ほど使った。(1袋は、25キログラム) それでも1袋360円ほどですからね。


【出来上がり②】
2016102016400000.jpg
左官やさんのアドバイスどおり、すり鉢状にするよりも末端箇所に

細い溝(木材を置いている部分)をつけた。

固まるとこれが抜けにくいので、2重に木を噛ましてます。⇒ これも教えてもらった。

尚、約2%での勾配をつけた(1mで1センチの差をつければ勾配が1%)

プロは1%勾配で均すことができるが、素人では難しい。。。

作業途中で来客あったりして(セメントが硬くなってまうがな、と・・・)、

正味作業時間は5時間半かかって完成

我ながらマシにセメントが打てた。固まった後の進水式が楽しみww

はたして巧く排水口のほーに水が流れるかな


樋からの雨水がストレートに落ちるので( 天水鉢の底に穴があいてるから)

2016092717460000.jpg

この真下部分に10日間程ほど鉄板でも敷いとくと良い、と(これもアドバイス)

ハイ、そのよーにしますわ。

プランター池 [最終章]

またまたプランター池ネタ・・・。

(池ネタはこれで最後にします??)


池やビオトープの作り方動画やブログはたくさんあるが、

そのうちの一つを勝手に貼りつけ。

        
  トロ舟ビオトープ
(この中に出てくる『オーバーフロー管』までは必要無いかと。大雨対策と しては、
 雨降り前に水を少し減らしといて、覆いとして板切れを載せるだけでOK


昨日、少し改良 した。

ちゃちなので写真撮って載せるほどでもないが、ここは

これ以上触らないと思うので 出来上がりとして。。。


【少し離れて見ると こんな感じ】
2016092314010000.jpg
設置場所は、外の便所の ねき。。。。


☆ L字型のパイプ取り付け。
濾過器となる植木鉢を少し高い位置に上げ、水の落ちる音がするよーにした。
植木鉢の底の穴に差し込んでいるホースにL字型のパイプを付ける。
水を落とすことによって水中に含まれる酸素量が増えるという。。。。


【そばで見ると こんな感じ】
2016092314020000.jpg
底を泥から砂に変えてからは和金3匹とアカヒレは元気 カエルは相変わらず遊びに来る。


☆ プランターの淵を竹で隠す。
竹を切って割き、周囲に置いただけ


【しゃがみこんで見ると こんな感じ】
2016092314030000.jpg
ホースをもっと底にし隠すよーにすべきですな。


☆ タマリュウを植え込み
便所の外壁とプランターの淵との間は わずか5センチほどで
もっと離すべきやった・・・。最初はミニ竹垣でも作ったろ、としたが、
めんどくさいのでタマリュウを植えた。

いずれも材料費は0円です。


次は、大きいトロ舟でも使って、 のあるビオトープを自作してみたいもんだ。

さて、いつになることやろ。。。

明日から約半月間は、色々あって はよ過ぎて欲しいな("^ω^)・・・。
プロフィール

軟弱のリュウ

Author:軟弱のリュウ
5●歳のおっさんランナーです。
2007年5月にRUNを始めました。
その半年後の初フルは4時間18分。
2回目のフルは4時間4分で涙のむ。
3回目のフルで3時間59分と
ギリギリのサブ4!

それからは、3時間30分台が3回
出せたので次こそはサブ3.5と
意気込んでいたところ、、、
2012年3月に右膝故障・・・。
筋トレで何とかマシになったものの
未だサブ3.5達成できず。
現在、サブ4には17勝6敗。

〔滋賀県在住〕


【自己ベスト】
ハーフM
1時間37分(グロスタイム)
2010年12月 守山ハーフM

フルM
3時間36分(ネットタイム)
2011年3月 篠山マラソン

【ワースト記録】
ハーフM
1時間59分(グロスタイム)
2012年 5月 鯖江つつじM

フルM
4時間56分(グロスタイム)
2015年 4月 長野マラソン

【今までの参加レース】
ハーフマラソン
守山       6回
マキノ健康栗  2回
鯖江つつじ   2回
わかさあじさい 2回
坂井市古城   1回
越前大野名水 1回
びわ湖レイクサイド1回 

フルマラソン
篠山ABC    6回
福知山      4回
加古川     3回
長野        3回
九頭龍     2回
とくしま      2回
マラソンに
挑戦する会   1回
加賀温泉郷   1回
防府読売    1回

その他 野洲川健康、
花はす早朝マラソン等


【出場・予定レース】
 
2016年
3月 篠山[DNS]
3月 能登和倉[DNS]
6月 わかさあじさい(10㎞)
7月 花はす[DNS](10㎞)
   
FC2 Blog Ranking

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード