FC2ブログ

ヒューマンエラー

東京・池袋で87歳男性が運転する乗用車が暴走し

歩行者の親子が死傷した事故や、大津市で保育園児に

自動車が突っ込んだ事故以後、改めて交通事故や

免許証返納がクローズアップされている。



ワイも「運転にはまあまあ自信がある」とは思うものの

「事故を起こさない自信がある」とは言い難い。

例えば、両側に住宅が立ち並んでいる間の道を制限速度で

走行していたとしても「ここで子供が、自転車が急に飛び出して

きたら、(避け切れず・止まり切れずに)撥ねてしまうやろな」と

運転中にふと思うことがある。



下表は年代別での『事故を起こさない自信がある』という調査結果。

『回避』と書いてあるが、答える側にとっては『起こさない』と同義語かと。

年齢が高くなるほど運転には自信満々?? ワロてしまうわ。。。

たぶん、今まで何十年も幸いにして無事故であったからやろな。。。


無題


高齢者による アクセルとブレーキの踏み間違い。

実は、、、

ワイも1度だけあります・・・。

かれこれ35年ほど前、奥サンが購入した軽自動車を

初めて運転した時、危うく家の近くの川にハマりそーに。



当時の軽自動車は今と違って、タイヤハウスが室内側に

大きく出っ張り、両ペダルが左寄りに配置されていた。


【タイヤハウスの出っ張りで、ペダルが左寄りのイメージ】
img_3_m.gif


普通車のペダル位置感覚でブレーキを踏んだつもりが

実際にはアクセルペダルを踏んでしもた・・・。

自宅から出たとこなので、あまりスピードが出てなく

間一髪のところでブレーキが間に合った。。。


今なら機敏な足の動きがもう出来ずに

川に突っ込んでたかも知れん。

それに、これが普段乗っているクルマで踏み間違いを

1回でも起こせば、免許証の返納を考えんとあかんなぁ。

まだそこまでは衰えてへんけど、、、、ってこの思いが恐いか。


今夏は免許証の更新がある。

このところ20年間程はゴールド免許。

それまではスピード違反2回、あとは免許証不携帯・シートベルト

未装着・一旦停止違反、以上。

20年以上前の違反場所まで覚えているので認知症の恐れはまだなく?? 

そして違反回数も上記数と少なめ で、無事故です。

そんなこと書いてんと気いつけやな。。。



【 運 動 内 容 】


 5月21日(火) ジョグ
    川沿い~市民公園~立命館正門~川沿い~農道
    4.2キロ ジョグ(7'51"/k)
      ストレッチ
    4.7キロ ジョグ(7'43"/k)
  計 8.9キロ  1時間09'12"(7'47"/k)
休足するとさらにペースが落ちる・・・。
普通は休足するならば中2日までと言うが、ワイの場合は
中1日のほーがええのか?。。。これはムリやなぁ。


 5月22日(水) 自転車
   南湖一周(反時計回り)
41.64キロ  1時間40'59"(AV 24.7k/h)
     実質: 1時間58'(信号待ち・一服を含んで)  


夜に会合があるため、早めの10:20スタート。

2/3周ったいつもの大津市の近江大橋西詰めの公園で一服。

2019052211340000.jpg

この後、近江大橋を渡ったが、5/8に多数の園児や保育士が

死傷した現場近くを通ったので、橋の上から心の中で手を合わす。


今年初の南湖一周、ワイにはこれぐらいの距離で丁度イイ。。。



5月の走行距離/走行回数           77.2キロ/ 9回(平均 8.5キロ/回) 
その他  5月の運動    ウォーキング 10.5キロ/ 3回(平均 3.5キロ/回)  
                   自 転 車  87.5キロ/ 3回(平均29.1キロ/回)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨今のブレーキとアクセルの踏み間違い事故には、心痛いです。
リュウさんも経験あるとのことですが、実は私もあります。
昔のミッション車に乗っているときです。
どういうわけか右足が痙ってしまったので、右足をペダルから外して、
宙でブラブラしていました。下りの道になったとき、慌ててブレーキペダルに
足を置いたつもりが、アクセルを踏んでいました。
すぐに気づき、慌ててブレーキを踏み直し、事なきを得ました。
前の車との距離もあったし。
踏み間違いは、そのときの1回だけですが、今後、絶対起さない自信が
あるとは断言できません。
お互い、気をつけましょうね。

yuminさんへ

そうなんですよね、誰しもヒャッとすることは体験してますよね。
それに免許取得してから1度も車体を擦ったことがない、ポコンと
凹ましたことがない、なんていう人は、ペーパードライバーしか
該当しないかもしれませんね。

そんな軽微な自損事故でも、場合によっては取り返しのつかないことに・・・。
テレビで交通事故専門家が次のようなことを言ってました。
「語弊はありますが、右直事故はよくある事故パターンです。
 ところが今回(大津市の事故)は、その先に園児らがいた」という風に。

たしかにバックでバンパーをポコンと凹ますような程度でも、
その障害物とバンパーとの間にもし幼児がいたとすれば惨事に・・・。

いったんハンドル握ったならば、今まで以上に気を引き締めねば
なりませんね。

踏み間違い危ないですね

私もありますよ。一度踏み間違いなのか、ギアの入れ違いか、25年以上前ですが、子供を保育園に送って行っての帰り、保育園の駐車場で自分の意図した方向に進まず、あっと思って咄嗟にブレーキ踏んだ!! 幸い駐車場にウロウロしてる子供がいなかったので良かったですが、それ以来、慎重にブレーキ、アクセル、ギアはチェックするようになりました。
あれが今の年齢やと咄嗟にブレーキを踏めるだろうかと疑問です。
私は昨年の6月にレンタカーを借りて運転したのを最後に運転していません。車も処分しました。田舎へ帰る時など車があれば便利ですが、電車バスで移動しています。それもまた楽しいです。時間はたっぷりありますから。
あ、それと私の若い頃の車はマニュアル車で、ハンドルは重い、窓も手動で、簡単には乗れなかったように思います。

ara60kameさんへ

皆さん言わないだけで、大なり小なり色んなミスを
しているものですね。。。

サラリーマン時分、仕事の一部として事故の窓口もしており、
必然的に事業所での『安全運転管理者』の立場でした。
けれども、、、今ara60kameさんの
>ギアの入れ違いか
というコメントで似たようなことをしたのを思い出しました。。。
それは、社用車のMT車をAT車に乗ったつもりで、クラッチを
踏まずにギヤを入れたことが2回。当然「ガガガァ」と異音が。
(潰れませんでしたけど)

車、処分されたのですか。長女家族も数年前、京都市内へ引っ越した時も、
地下鉄の烏丸五条がすぐ傍なのでやっぱり旦那が車を処分しました。
ワイはう~ん、、、田舎住まいではなかなか手放せませんし、
移動手段以外にも車は魅力あるし。。。

もちろんワイも最初に買った中古車は、MT車・重ステ・窓も手動、
それに何よりも辛かったのは、夏場の天然エアコンでした。。。
プロフィール

軟弱のリュウ

Author:軟弱のリュウ
若かりし頃、自転車(ランドナー)
で日本一周、その後山登りを趣味
としていたが、最後の山行となって
しまった伯耆大山では、余りの積雪
量と強風で敗退した後は、20代
後半で運動をパタッとヤメた。

それからは、仕事一筋となり?ブク
ブク太りに。

「これじゃアカン」とウォーキング
をば。
けども、歩くのにも嫌気がさし
50歳前にして いざ走ってみれば、
まったく走れず…。
が、次第に距離を踏めるように
なってき、フルマラソンでのサブ4
達成勝算は17勝6敗。

ところが、右膝に不調をきたす。
これからは、気の向くままに身体を
動かしつつ、何やかんやと綴る
6●歳のブログ。

〔滋賀県在住〕


【自己ベスト】
ハーフM
1時間37分(グロスタイム)
2010年12月 守山ハーフM

フルM
3時間36分(ネットタイム)
2011年3月 篠山マラソン

【ワースト記録】
ハーフM
1時間59分(グロスタイム)
2012年 5月 鯖江つつじM

フルM
4時間56分(グロスタイム)
2015年 4月 長野マラソン

【今までの参加レース】
ハーフマラソン
守山       6回
マキノ健康栗  2回
鯖江つつじ   2回
わかさあじさい 2回
坂井市古城   1回
越前大野名水 1回
びわ湖レイクサイド1回 

フルマラソン
篠山ABC    6回
福知山      4回
加古川     3回
長野        3回
九頭龍     2回
とくしま      2回
マラソンに
挑戦する会   1回
加賀温泉郷   1回
防府読売    1回

その他 野洲川健康、
花はす早朝マラソン等


【出場・予定レース】
 

2019年
3月 とくしまM(DNS)
    
   
FC2 Blog Ranking

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード